そのにじゅうよん

いつも近くで悪いところを指摘してくれるひとがいることは、

ほんとはすごくありがたくて、

 

ありがとうございます

 

って言いたいけど、

 

ありがとうございますじゃねーよ

 

って言われそうで

 

すみません

 

て言いたいけど

 

すみませんじゃねーよ、ならやるな

 

って言われそうで

 

 

そのどちらともない顔をしているせいで、

 

聞いてんの?とか

 

納得してないんでしょ?とか

 

言われるんだけど、

 

でも。

 

今日のことばは、

 

あぁ、お前がなんでこれできないか分かったわ

 

これが分かんねーならできるわけねーわ

 

って言われたんだけど、

 

私が出来なくて、

わからないことを、

なんで私は分からないのか、

できないのか、

と、考えておいてくれたんだなって、

伝わったきてしまった。

 

都合のいい解釈かなぁ。

 

でも、お前とか、指差されながら言われて、食事中なのに、ご飯も喉通らなかったけど、

 

それでも、有り難いなぁって思ったのよ。

 

嫌だなぁって気持ちでいっぱいになるよりは、

こちらもポジティブにご指摘を受けられるので、

私のこと考えてくれてるんだなーって

勝手に愛だなーって思うことくらいは許してください

 

ちなみに、指摘は、

私がなぜちゃんと会話できないのか、

聞き手になれないのか、

それは、いつも「自分が」ってベクトルで

ひとの話の主導権を奪おうとするから

だって。

 

おーけー。

 

気を付ける。